お問い合わせはこちらまで

初診専用ダイヤル

050-7576-4937

再診・その他のお問い合わせ

045-642-6020

神経を抜くと虫歯になりやすいのはなぜ?|港北区大倉山の歯医者さん|ふかい歯科クリニック

ふかい歯科クリニック
ふかい歯科クリニックへのお問い合わせ

神経を抜くと虫歯になりやすいのはなぜ?

お問合せ
初めての方へ
お問合せ
お問合せフォーム
予約フォーム

大倉山の歯医者さん、ふかい歯科クリニックです。今回のテーマは「神経を抜くと虫歯になりやすい」です。どんなに辛い虫歯の痛みでも、治療の過程で神経を抜けばその痛みは一切感じなくなります。

また、後にその歯に虫歯が再発しても痛みを感じることはありません。さて、この状況はプラスと捉えるべきでしょうか?それともマイナスと捉えるべきでしょうか?
答えはマイナスで、神経を抜けば虫歯にもなりやすくなってしまいます。

神経を抜くと虫歯になりやすい理由

神経を抜くと虫歯になりやすく、その理由はいくつかあります。また、虫歯になりやすいだけでなくその虫歯が重症化しやすくなる問題もあります。

歯に栄養が届かなくなる
歯に栄養を届けるのは神経の役目です。ですから神経を抜けば歯に栄養は届かず、細菌に感染しやすい弱い歯になってしまいます。抵抗力が弱いため虫歯にもなりやすく、また単純な耐久性も弱くなるので割れやすくもなります。

痛みの感覚がなくなる
神経を抜けば痛みを一切感じなくなるため、虫歯になってもそれを自覚しづらくなります。なぜならほとんどの場合、虫歯を自覚するきっかけとして「歯の痛み」と答える人が多いからです。ですから痛みを感じなくなることで虫歯を自覚しづらくなり、いつの間にか虫歯は重症化してしまいます。

虫歯に対する防御機能が失われる
虫歯になると身体の防御機能が働き、進行を食い止めるため虫歯菌の進行経路を塞ぎます。そして、虫歯菌の進行経路を塞ぐのは神経です。このため神経を抜けば防御機能が働かなくなり、虫歯の進行を防ぎにくくなります。

二次虫歯とは

二次虫歯とは虫歯治療した歯が再度虫歯になることで、二次カリエスとも呼ばれます。虫歯治療で神経を抜いた歯は虫歯になりやすく、つまりそれは二次虫歯が起こりやすいということです。最も、例え二次虫歯になってもまた治療すれば良いと簡単に考えてしまう人もいるかもしれません。しかしそれは間違いで、二次虫歯は最初の虫歯に比べて深刻な問題が多々あります。

二次虫歯は歯を失う

虫歯、治療、虫歯、治療…こう繰り返してしまうと、例え治療しても最終的には歯を失います。と言うのも、虫歯治療の基本は患部を削ることですから、何度も治療してその都度歯を削っていれば、どんどん歯が失われていくからです。

二次虫歯は気づきにくい

本来なら虫歯になれば歯は変色しますし、何より進行すれば歯に穴があくため、目で見て虫歯に気づきます。虫歯治療した歯は詰め物や被せ物で処置するため、その歯が二次虫歯になっても見た目では分かりません。このため、二次虫歯は自分が虫歯であることを自覚しにくいのです。

二次虫歯はお金も時間もかかる

当然のことですが、大きな問題です。虫歯を繰り返せばその都度の治療で費用がかかりますし、通院するための時間もかかります。二次虫歯は確かに治療すれば治ります。しかし、そのたびにお金や時間がかかるのは大きなデメリットです。

神経を抜かない虫歯治療をするためには

神経を抜くことはデメリットだらけです。ではなぜ敢えて神経を抜くのか?…それは神経を抜かなければならないほど虫歯が進行しているからです。最も、次のことを守っておけば神経を抜くほどの事態にはなりません。

虫歯を予防する

これは基本であり当然のことでもあります。そもそも虫歯を予防すれば治療する必要もなく、もちろん神経を抜くこともありません。精密な歯磨き、定期検診を受けるなどしてしっかりと予防してください。

虫歯を早く治す

例え虫歯になっても初期の時点で治療すれば神経を抜かずに治せますし、状態によっては歯を削らずに治せる可能性もあります。痛みを感じた時点で既に虫歯は進行しているため、定期検診を受けて虫歯の有無を定期的に確認するようにしましょう。

歯科医院選びにこだわる

神経を抜くか抜かないかの判断をするのは治療する歯科医です。腕の良い歯科医なら経験にも技術にも長けているため、その判断を信頼できるでしょう。別の歯科医なら神経を抜くと判断する場面でも、経験や技術を活かして抜かずに治療できるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、神経を抜くと虫歯になりやすいについてまとめます。

1. 神経を抜くと虫歯になりやすい理由 :歯に栄養が届かなくなる、痛みの感覚がなくなる
2. 二次虫歯とは :虫歯の再発を二次虫歯と呼び、歯を失う、気づきにくいなどの問題がある
3. 神経を抜かない虫歯治療をするためには :虫歯を予防する、虫歯を早く治す、歯科医院選びにこだわる

これら3つのことから、神経を抜くと虫歯になりやすいについて分かります。虫歯が神経まで進行すると神経が炎症を起こし、その炎症はおさまることがありません。このため治療時に神経を抜く必要がありますし、それ以前に神経が死んでしまうこともあるでしょう。

その場合、今まで感じていた辛い痛みはすぐに解消されますが、その後のことを考えれば神経を抜くことはデメリットだらけです。ですから神経を抜く必要がないよう、虫歯になっても必ず初期の段階で治療することを心掛けましょう。