銀歯はなぜ取れやすいのか

「詰め物がとれてしまった」ということで来院されるかたが年末から大変増えております。

ほとんどが以前治療したという金属の詰め物です。
とれてしまった歯をみると「虫歯になっていた」というケースが大変多いです。
もちろんなかには虫歯にはなってなく、詰め物をそのまま戻すことができたというケースもありましたが、
ごくわずかでした。

なぜ「銀歯」はとれやすいのでしょうか?

じつは「銀歯」は歯にはまっているだけなのです。
もちろんセメント(接着剤)を使用しますが、「接着」しているわけではなく、
銀歯と歯の隙間を埋めているにすぎないのです。
そしてセメントは時間の経過とともに溶け出すので銀歯はとれやすいのです。

また保険で使用している銀は純粋な銀ではなく、いろいろな金属を混ぜ合わせて作っている
「合金」と呼ばれる金属です。

汚れが付きやすく、歯と金属の周りから2次的な虫歯になるケースが非常に多く、

それが原因で金属がとれてしまうことも多々あります。

そういった理由から当院では金属を使わない「メタルフリー」の治療をお勧めしています。

セラミックやハイブリッドセラミックを使用して歯の修復をするのですが、これらの詰め物、
かぶせ物は汚れが付きにくく、歯と「接着」してくれるので銀歯と比べるとはるかに2次虫歯になりにくいのです。

保険が効かないので初期費用は少しかかりますが、治療後の虫歯予防や歯周病予防のことを考えると
「メタルフリー」の治療をお勧めします。
また、何かあった時には保障もいたします(もちろん定期検診を受けていただくことが条件となりますが・・・ 。

いずれにしても銀歯がとれてしまったら早めに予約をし、必ずとれたものを持ってきてください。

「銀歯が取れてしまった・・・」、「銀歯を白くしたい!」などお気軽にご連絡ください。WEB診療予約へ

CONTACTお問い合わせ

当院では、歯周病にまつわるお悩みを中心とした予防歯科に力を入れております。
歯に関するお悩みがありましたらお気軽にご相談下さい。

                       

歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。